高血圧におすすめの運動

高血圧におすすめの運動

高血圧はあらゆる病気の原因の一つとなるケースが多いので、いつも高血圧気味の人は、何らかの対処が必要になってくると考えられます。よく高血圧の改善に必要なこととして言われるのが、食事の改善です。暴飲暴食をしたり、バランスの悪い食生活をしている人は高血圧になりやすくなります。しかし、高血圧への対策は、食事だけの問題だけではありません。運動不足に関しても高血圧と関係性が深いということがいえます。運動を日常行っている人は、血流が良い状態を維持することができますから、血圧が高くなりにくいです。しかし、普段運動する機会がない人は、血流が悪く、さらにアルコールや塩分などを取り過ぎたりすると、高血圧になりやすくなります。では、どのような運動が必要になってくるのかというと、ウォーキングなどの軽めの運動が血圧の改善には効果的になってきます。あまり激しい運動をすると、逆に血圧が上がってしまうので、高血圧の改善には返って逆効果にもなりますから注意が必要になってきます。特に、高齢者であって普段から運動習慣がない人がいきなり激しい運動をすると、倒れてしまうこともあります。ですから、運動に関してはリラックスしてできる有酸素運動が最適ということになります。有酸素運動に関しては、ウォーキングだけではなく、軽いマラソンや自転車、水泳などがこれに当てはまりますから、自分が一番やっていて楽しいと思える運動を行うことが大事になってきます。無理してでも運動をしないといけないと思っていると、ストレスがかかってしまって、これもまた逆効果にもなりかねないので注意が必要になってきます。このような運動に加えて、さらに食生活もバランスの良い食生活にすることができれば、薬を服用しなくても血圧を正常に保つことができます。

高血圧の人がやってはいけない危険な運動

高血圧の人が医療機関などに行くと、よく運動を勧められることが多いです。理由としては、運動をすることによって、血流がよくなり、血圧が下がるからであると考えられます。しかし、どのような運動でもよいのかというと、そういうわけではありません。特に、筋トレのような息を止めて行うような運動は、血圧が一気に上がってしまうので、避けた方がよい危険な運動であるということがいえます。もしも、筋トレをするのであれば、あまり負荷をかけないで行うことが大事になってきます。では、どのような運動が高血圧の改善に効果的であるのかというと、ウォーキングやジョギング、水泳、自転車といった有酸素運動が最適であると考えられます。ただし、有酸素運動がいくら高血圧の改善に効果的であるからといっても、自分のペース以上の運動をすると逆効果になりますから、自分のペースを守って行うということがポイントになってきます。どのくらいの時間運動をすればよいのかというと、一日に30分から40分程度で十分だと考えられています。ですから、例えば、30分を3回に分けて、10分ずつ行ってもよいということになりますから、誰でもそれほど手間をかけることなく行うことができます。これを週に3回くらい行えば、血圧をある程度正常に保つことができるということがいえます。このように、運動は誰でも手軽に高血圧の改善を目指すことができる方法ですが、これに食事療法も加えることによって、さらに血圧を正常に保つことができるようになります。せっかく高血圧の予防にもなる運動をしても、塩分を取りすぎたり、動物性の脂などを食べ過ぎたり、アルコールを摂取し過ぎると、運動による高血圧対策の効果が半減してしまう恐れがあります。

高血圧の人の早朝の運動は血圧に要注意

高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態になります。自覚症状は無いことも多く、生活習慣病のひとつとされており、放っておくと心疾患や脳卒中、腎不全の発症原因となってしまいます。
高血圧を予防するためには、塩分を控えた薄味の食生活を行い、たっぷりの野菜と果物を摂ってカリウムを摂取し、血管を収縮しないように禁煙を避け、適度な運動を行うことが推奨されています。
この運動が裏目になって病気を発症してしまうこともあるため注意が必要となります。
血圧は基本的に一定ではなく活動や精神状態によって上下しますが、通常は睡眠中が最も低く、起きると少しずつ上がっていきます。しかし、朝起きた直後に血圧が急激に高くなってしまう症状もあり、これを早朝高血圧といいます。原因は自律神経の乱れやストレス、気温、アルコール、喫煙習慣や動脈硬化などが考えれます。
血圧が急激に上がって、血管の壁に圧力がかかった状態なのに早朝にジョギングやウォーキングなどの運動を行ってしまうと、血圧が急激に上がり過ぎて心筋梗塞や脳梗塞などの病気を引きをこすリスクが高くなってしまいます。
この早朝高血圧を予防するためには、朝起床したらすぐに血圧を測り血圧を確認することが重要です。
早朝の血圧の上昇を予防するためには、朝起きたら布団に入ったまま大きく深呼吸を行うことで血圧を下げることができます。朝食はできるだけ時間をかけてゆっくりと食べ、朝は起きがけに水を一杯飲むことによって睡眠中に失われた水分を補給することができ、血圧が上がっても血液の流れをスムーズにすることができます。
日中の血圧が正常だという人も朝の血圧は高いという可能性もあるため、一度早朝の血圧を測ってみることをおすすめします。

■おすすめの予防薬について
ノルバスクの体験談はこちら
■こちらの薬もおすすめです
ミカルディス