高血圧におすすめの運動

高血圧症と糖尿の食事、そして眼への影響について

高血圧や糖尿をわずらっている人は、まず食事と運動療法に努めてください。高血圧の方は塩分、糖尿の方は糖分の摂りすぎに注意しておきましょう。これは食事療法の基本中の基本になりますので、しっかり肝に銘じていることが大切です。とくに糖尿の方は合併症がありますので、運動よりも食事が大切です。糖尿の食事に関しては栄養士さんや医師、薬剤師から指導があります。糖分とり過ぎはもちろんだめですが、カロリー摂取やミネラル分、水分、タンパク質などといった事細かい決まり事があります。それらをしっかり実践しておくと糖尿初期段階では、糖尿を改善することができます。運動療法に関して、糖尿の方は激しい運動で低血糖を起こすことがありますので、適度な運動をして水分をこまめにとることが大切です。
高血圧や糖尿の方で、悪化した場合、特に糖尿の方は眼に注意しましょう。糖尿の進行度合いによっては眼の中の毛細血管を傷つけることで網膜に支障をきたし、目が見えなくなる可能性があります。ですから眼になんらの支障が発症したら眼科で診てもらうようにしましょう。一度網膜に支障をきたすと、完治しにくくなります。これは腎臓機能についても同じことが言えます。腎臓も網膜と同じ、毛細血管の集まりです。糖尿によって腎臓の機能が低下するとおしっこをつくることができなくなります。そなれば週3回ほどの腎臓透析をしなければなりません。人工透析の約半分は糖尿を患っている方ですので、糖尿になってしまうと、いろいろな機能が落ちてきて、最悪の場合、命をおとしかねません。それくらい糖尿は怖いものです。
とにかく運動と食事療法を実践するとほぼ改善されますのでさっそく実践してみましょう。